2017年09月23日

オースター、カイロン、など気ままに

・オースター::

日産の乗用車であり、1977年から1990年まで生産・販売されていました。

バイオレットとスタンザの姉妹車としても知られます。

当初はバイオレットオースターとして登場しましたが、翌年のマイナーチェンジでオースターになったのでした。

ちなみに販売終了後はプリメーラが実質的な後継車になったようです。






・カイロン::

ムッソーの後継として2005年に登場したSUVです。

韓国のサンヨン自動車が製造販売する乗用車です。

サンヨン自動車は、国内と海外でCIマークが違います。

国内は「S」をモチーフとしており、海外では鹿やトナカイの角を連想させるマークです。

ちょっとややこしいかな。






・栗東水口道路::

「りっとうみなくちどうろ」と読み、国道一号線のバイパスで滋賀県湖南市岩根から栗東市上砥山に至ります。

水口道路と共に甲賀湖南道路を形成する道路です。

甲賀湖南の湖は、琵琶湖を指すのでしょうが、琵琶湖に隣接しているわけではないのでした。

栗東は市の名前なんですね。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:オースター
posted by 暮壱 at 03:10| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

オアシス、クオン、など気ままに

・オアシス::

いすゞ自動車が北米で販売していた5ドアのミニバンです。

でも実は、ホンダのオデッセイなのでした。

というのもホンダからのOEM供給で販売された車だからです。

いすゞからは当時、ミューをホンダにOEM供給されていたので相互OEMだったんだとか。

でもモデルチェンジを機にOEMは終わったので1代しか販売されなかったようです。





・クオン::

UDトラックスの大型トラックです。

2004年から登場しました。

ちなみに登場したころは日産ディーゼルという社名でした。

ビッグサムの後継車種として登場したのでした。

日本初のラウンドコクピットを採用したことでも知られます。

2005年のグッドデザイン賞を受賞しています。





・水口道路::

「みなくちどうろ」は滋賀県甲賀市土山町大野から湖南市岩根までの国道一号のバイパスです。

1976年に2車線で暫定供用を開始し、その後1995年に4車線での供用となりました。

甲賀市といえば信楽焼や甲賀忍者の地として全国的に知られるところです。

甲賀湖南道路の一部として地域高規格道路に指定されているそうです。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:オアシス
posted by 暮壱 at 03:06| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

インディカ、カイエン、など気ままに

・インディカ::

5ドアの小型ハッチバック自動車で、インドのタタ・モーターズの車です。

1998年12月に登場し、最初から人気となりインドではよく知られた車です。

そして海外にも輸出されました。

2008年まで「V1」と「V2」と呼ばれるモデルが生産され、2008年からはインディカ・ビスタと呼ばれるモデルとなってます。






・カイエン::

クロスオーバーSUVのはずですが、ポルシェの発表ではそのようになっていないそうです。

とはいえ実質的にはポルシェ初のクロスオーバーSUVの5ドア車として登場しました。

ポルシェといえば世界的に有名な自動車メーカーです。

十分なオフロード走破性を確保したうえで、スポーティなハンドリング、走行性能もあります。






・鈴鹿峠バイパス::

三重県亀山市から滋賀県甲賀市までの区間の国道1号のバイパスです。

1978年11月に開通したそうです。

鈴鹿峠といえば箱根峠に次ぐ「国道1号有数の難所」と言われるほど、険しい区間が多いですが、古くから畿内から東国への重要なルートとして知られています。

4車線の割に交通量は少ないそうです。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:インディカ
posted by 暮壱 at 03:05| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

エンボイ、クオーレ、など気ままに

・エンボイ::

5人または7人乗りのSUVで、GMCブランドでGMが製造・販売した車です。

バリエーションとしては、7人乗りのXL、5人乗りのXUV、高級モデルのデナリがあります。

モーター・トレンド誌の2002年SUV・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど話題性はありましたが、販売では存在感を出せなかったようです。





・クオーレ::

1977年に登場したダイハツの軽自動車タイプの乗用車です。

1985年の3代目まで日本では販売されました。

日本で姿を消した後も欧州ではその名前は継続されました。

ちなみに初代の名前はマックスクオーレで、単独のクオーレになったのは2代目の1980年からのことでした。






・関バイパス::

平成の大合併で消滅した関町に名前の由来があるバイパスです。

三重県亀山市太岡寺町から関町沓掛(くつかけ)までの区間です。

関町の中心地区であった関宿は、江戸時代の東海道五十三次で、宿場町として栄えました。

このバイパスは1996年に事業化し、2003年に着工した道路です。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:エンボイ
posted by 暮壱 at 03:10| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

インディ、ガイア、など気ままに

・インディ::

1975年の生産終了までに1100台余りが生産された高級スポーツカーです。

登場は1968年のトリノモーターショーとのことでした。

マセラティの4シーターの2ドアクーペです。

フェラーリ・デイトナ、ランボルギーニ・ミウラなどのスーパーカーブームのなか比較的静かに販売されていたのでした。





・ガイア::

ミニバン型の乗用車でトヨタが1998年から2004年にかけて販売していた車です。

5ドアミニバンで、大ヒットしたホンダのオデッセイに対抗するかたちで販売されました。

乗員の位置が高く、周囲が見やすい一方で重心が高いという特徴がありました。

ガイアが姿を消した後にアイシスが登場しました。





・亀山バイパス::

国道1号と国道25号のバイパスで、三重県亀山市川合町から太岡寺町まであります。

1995年に暫定2車線ということで全線が開通しました。

自動車専用道路ではなく、原付も走行可能です。

また自転車などの軽車両が入るのも禁じていないです。

亀山市といえば、亀山城が有名ですね。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:インディ
posted by 暮壱 at 03:10| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

エンデバー、クエスト、など気ままに

・エンデバー::

5人乗りの5ドアクロスオーバーSUVです。

三菱自動車の車ですが、北アメリカ専売だったようです。

2003年から2011年にかけて生産されました。

モンテロスポーツの後継として登場し、ギャランの9代目がベースとなっています。

FFとフルタイム4WDがあり、サスペンションの工夫で同クラスの中では乗り心地がいいといわれていました。






・クエスト::

この車は日産・プレーリーの北米向けなんだそうです。

アクセスの後継車として1993年から販売されました。

MPV、つまりミニバンです。

初代は4ドアミニバンでした。

1999年のフルモデルチェンジ以降は5ドアになったようです。

2011年の4代目はエルグランドと兄弟車となりました。






・北勢バイパス::

四日市市内に集中する国道1号、国道23号の渋滞を緩和させる目的の国道1号のバイパスです。

この名称は三重県川越町南福崎から鈴鹿市稲生町までの区間です。

伊勢湾岸自動車道に並行する部分もあります。

四日市市といえば三重県北部の中心的な都市だけに、道路事情も大変そうです。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:エンデバー
posted by 暮壱 at 03:14| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

インタースター、ガーラミオ、など気ままに

・インタースター::

ルノーからOEM供給される、日産の大型商用車です。

さすがに商用車だけに見た目は地味ですね。

ベースはルノー・マスターとなっています。

定員は3人から16人で、ミニバスか貨物車となっています。

デザイン的には、2003年にルノー・マスターともどもフェイスリフトをしています。





・ガーラミオ::

中型観光バスや自家用バスの車両として知られます。

ジェイ・バスが製造しており、供給されて、いすゞが販売しています。

1999年にエルガミオとともに登場しました。

2004年には日野自動車との統合モデルとしてフルモデルチェンジしました。

結果、日野・メルファとほぼ同じになりました。





・潮見バイパス::

静岡県湖西市から愛知県豊橋市に至る国道1号のバイパスです。

通行料金は無料だけど、自動車専用道路なので原付などは走行できないです。

信号もなく、そのため流れがスムーズな道路です。

道の駅「潮見坂」があり、トイレはもちろんですが、お土産や食事、足湯も楽しめるようです。


chara02.gif



続きを読む
posted by 暮壱 at 03:16| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

エンツォフェラーリ、クーリア、など気ままに

・エンツォフェラーリ::

スーパーカーのフェラーリから2002年に登場したモデルです。

創業55周年を記念したモデルとのことで、創業者の名前から命名されるなど、かなり力の入れようを感じます。

2ドアクーペで、ドアはバタフライドアが採用され、見た目も圧倒的な存在感です。

実はデザインが日本人の手によるそうで、驚きです。






・クーリア::

鋼管フレームとFRPボディの軽量さもあり、高い加速性能が特徴だったようです。

ビギナー向けのスポーツカー・レーサーとして好評でした。

発表は1958年1月のことで、イギリスのエルヴァでした。

なおエルヴァはかつてイギリスに存在したレーシングチーム・自動車メーカーです。






・浜名バイパス::

浜松市西区から湖西市を結ぶ、国道1号バイパスで全線4車線あります。

一般有料道路として供用開始されたのが1978年のことです。

2005年に無料開放されたものの自動車専用道路には変わらないようです。

ちなみに無料化は藤枝バイパス・掛川バイパス・磐田バイパスと同時です。


chara02.gif



続きを読む
posted by 暮壱 at 03:15| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

エレメント、ガーラ、など気ままに

・エレメント::

2007年に初のドッグカーオブザイヤーを受賞するなど愛犬家に評判の良かった車です。

ホンダの5ドアクロスオーバーSUVです。

生産は北米で、日本仕様も北米からの輸入で供給されました。

北米では2002年に販売開始され、2011年モデルで生産終了となりました。

日本仕様は2003年から2005年の短い期間だけでした。





・ガーラ::

スーパークルーザーの後継車として1996年から販売される大型バスです。

観光や高速路線用として使われるバスです。

いすゞ自動車が販売してますが、製造はジェイ・バスが行っています。

日野・セレガとの統合モデルとして2005年にフルモデルチェンジが行われました。






・浜松バイパス::

数ある静岡県内の国道1号バイパスとしては、初期の段階で開通したバイパスです。

1969年の全線開通です。

静岡県磐田市から浜松市までを結ぶバイパスです。

途中、天竜川を横断して磐田市から浜松市に入ります。

市街地から離れた浜松市南部を通過するコースのバイパスです。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:エレメント
posted by 暮壱 at 03:13| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

インスパイア、クーペ・フィアット、など気ままに

・インスパイア::

アコードから派生して、アコードに後継された車種です。

平成元年の登場から5回のフルモデルチェンジを経て23年間販売されました。

ホンダの4ドアセダンです。

販売台数では初代が最も売れたそうです。

景気の影響や、ミニバンの人気など時代背景が大きく影響しています。






・クーペ・フィアット::

1994年から生産が開始された、フィアットのクーペです。

フィアットはイタリアの自動車会社です。

さすがイタリアだけあって、スタイリッシュなデザインで知られました。

日本でも1995年度グッドデザイン賞金賞を受賞しています。

2001年に生産終了となった車種です。






・磐田バイパス::

静岡県磐田市中心部を迂回する国道1号線のバイパスです。

信号機がないバイパスにも関わらず、渋滞もあります。

振り返ると、1981年に暫定2車線で全線開通しました。

2005年に無料開放され、自動車専用道路ではないので原付も走行できます。

磐田パーキングエリアも2005年に姿を消しました。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:インスパイア
posted by 暮壱 at 03:16| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする