2017年07月22日

インスパイア、クーペ・フィアット、など気ままに

・インスパイア::

アコードから派生して、アコードに後継された車種です。

平成元年の登場から5回のフルモデルチェンジを経て23年間販売されました。

ホンダの4ドアセダンです。

販売台数では初代が最も売れたそうです。

景気の影響や、ミニバンの人気など時代背景が大きく影響しています。






・クーペ・フィアット::

1994年から生産が開始された、フィアットのクーペです。

フィアットはイタリアの自動車会社です。

さすがイタリアだけあって、スタイリッシュなデザインで知られました。

日本でも1995年度グッドデザイン賞金賞を受賞しています。

2001年に生産終了となった車種です。






・磐田バイパス::

静岡県磐田市中心部を迂回する国道1号線のバイパスです。

信号機がないバイパスにも関わらず、渋滞もあります。

振り返ると、1981年に暫定2車線で全線開通しました。

2005年に無料開放され、自動車専用道路ではないので原付も走行できます。

磐田パーキングエリアも2005年に姿を消しました。


chara02.gif



続きを読む
posted by 暮壱 at 03:16| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

インシグニア、カーブドダッシュ、など気ままに

・インシグニア::

2008年7月の英国国際モーターショーで発表されたオペルの中型乗用車です。

オペル・ベクトラの後継車種ですが、オペルが撤退してから日本では販売なしです。

2009年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞してる車なので、もったいないですね。

4ドアセダン、5ドアハッチバックのほか、ステーションワゴン、クロスオーバーSUVなどのエントリーがあります。





・カーブドダッシュ::

オールズモーターワークスが1901年から販売した自動車です。

名前の由来はダッシュボードが美しいカーブを描いていたことなんだそうです。

自動車産業の街デトロイトの誕生にも深く関係する歴史的な車です。

というのもライン生産による大量生産を自動車産業史上初に成功させた車だからです。






・袋井バイパス::

自動車専用道路ではない国道1号のバイパスで、静岡県掛川市から磐田市までを結ぶ道路です。

通行料金は無料で、原付も走行できます。

無料化以降、東名高速を避ける交通が流れてきて交通量を押し上げました。

渋滞も発生し、エコパイベント時の渋滞もよく知られるところです。


chara02.gif



続きを読む
posted by 暮壱 at 03:12| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

インサイト、ヒュンダイ・クーペ、など気ままに

・インサイト::

ホンダが1999年に発売開始したハイブリッドカーです。

3ドアハッチバッククーペでした。

2006年に生産終了となるまで、トヨタ・プリウスのライバル車として有名でした。

時が流れ2009年には5ドアハッチバックセダンのインサイトが発売されました。

これも2014年に生産終了となるのでした。

後継車はホンダ・グレイスです。





・ヒュンダイ・クーペ::

韓国の自動車メーカー・現代自動車(ヒュンダイ)のクーペ型の乗用車です。

日本やヨーロッパではこの名前ですが、韓国では別の名前があります。

初代はティブロンとティブロンタービュランスです。

2代目はトスカーニですが、この車はアメリカ、オーストラリアではティブロンだったそうです。

ややこしいかな。






・掛川バイパス::

掛川市の中心部を迂回する国道1号バイパスです。

2005年に藤枝バイパス・磐田バイパス・浜名バイパスと同時に無料開放となりました。

自動車専用道路ではないので、50cc以下の原付も走れます。

周囲の無料開放の影響もあり、交通量は車線数の割に多いです。

掛川市は安土桃山時代には山内一豊の城下町で、高知市との交流もあるそうです。


chara02.gif




続きを読む
タグ:インサイト
posted by 暮壱 at 03:12| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

イプシロン、カーニバル、など気ままに

・イプシロン::

1994年登場当時はYと書いてイプシロンと読む車でした。

2002年のフルモデルチェンジで車名もYpsilonとなりました。

コンパクトカーですが、高級ブランド・ランチアの車です。

初代も2代目も3ドアハッチバックでした。

2011年からの3代目では3ドアから5ドアへの変更が行われたのでした。






・カーニバル::

海外市場ではセドナという名前の車です。

韓国の起亜自動車が販売するミニバンです。

2代目の韓国仕様車の4列シート11人乗りのレイアウトは、法改正で9人以上はミニバス扱いになったことも影響しているそうです。

バス専用車線も走行できるんだとか。

なお韓国で2代目はグランドカーニバルと呼ばれます。






・日坂バイパス::

「にっさか」と読み、掛川市を走る国道一号のバイパスです。

自動車専用道路ではないので、50cc以下の原付も走れます。

上り線側には道の駅掛川があります。

トイレやコンビニ、食事のほか、地場産農産物直売所などもあります。

ちなみに日坂宿は、東海道五十三次の25番目の宿場です。


chara02.gif



続きを読む
タグ:イプシロン
posted by 暮壱 at 03:11| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

イプサム、マセラティ・クーペ、など気ままに

・イプサム::

ミニバンブームに乗って人気だったトヨタの車です。

ヨーロッパでは初代が「ピクニック」、2代目が「アベンシス・ヴァーソ」という名前でした。

イプサムとはラテン語で「本来の」「自分自身の」の意味があるそうです。

1996年登場から2009年生産終了まで13年の歴史を持つ車です。






・マセラティ・クーペ::

2002年から2007年まで販売されていた高級スポーツカーです。

イタリアのマセラティの車です。

6MT仕様車の「GT」と、6速セミAT仕様車の「カンビオコルサ」がありました。

セミATはパドルシフトで変速を行います。

2ドアクーペでオープンカータイプのものはマセラティ・スパイダーです。






・島田金谷バイパス::

静岡県島田市から掛川市までを結ぶ国道1号です。

1982年にバイパスから本線になっています。

新大井川橋周辺の渋滞が有名です。

大井川といえば一級河川で、常流にはたくさんのダムもあります。

菊川ICの近くには菊川の里「さんぽ茶屋」、大代ICの近くに日限地蔵尊があります。


chara02.gif



続きを読む
タグ:イプサム
posted by 暮壱 at 03:11| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

イビサ、ユーノスカーゴワゴン、など気ままに

・イビサ::

1984年登場の小型乗用車です。

当時人気だったVWゴルフの2代目によく似ていると言われました。

ハッチバックで3ドアと5ドアがあります。

スペインのセアトの車で、初代にはポルシェも関わっていましたが、1993年の2代目からはフォルクスワーゲンの開発となりました。





・ユーノスカーゴワゴン::

販売店ブランド・ユーノスのファミリーユース向けの車です。

8人乗りのキャブオーバー型ワンボックスです。

販売については、あまり人気は出なかったようです。

1990年に登場したものの、1993年には販売終了となりました。

その後はボンゴワゴンと統合されるかたちになりました。





・藤枝バイパス::

静岡県藤枝市岡部町から島田市野田までの国道一号線のバイパスです。

藤枝市を北側に迂回する道路です。

藤枝市といえば、ゴンこと中山雅史や、名波浩の出身地です。

藤枝MYFCの本拠地の一つとなっています。

近くの静岡市の陰に隠れがちですが、けっこう大きな市なのでした。


chara02.gif



続きを読む
タグ:イビサ
posted by 暮壱 at 03:14| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

エルフ、ウィッシュ、など気ままに

・エルフ::

トラックのうち小型や中型ではよく知られるエルフです。

いすゞのトラックで、長く販売され続けています。

1993年にはもう5代目が登場しており、その通称は「ゆうゆうエルフ」です。

2006年には6代目が登場しまし、ハイキャブ車とワイドキャブ車は、2006年度グッドデザイン賞を受賞しているのでした。





・ウィッシュ::

5ドアミニバンのウィッシュはトヨタ自動車の乗用車です。

2002年に東京モーターショーに出品され、翌年から販売されました。

日本にとどまらず、香港、シンガポール、マレーシアなどにも輸出されました。

2009年にフルモデルチェンジして、スポーティー感を増した2代目となりました。






・岡部バイパス::

静岡市駿河区丸子地区から藤枝市岡部地区までをつなぐ国道一号線のバイパスです。

岡部地区といえば合併前は岡部町という名前でした。

東海道五十三次の21番目の宿場である岡部宿も含まれます。

ちなみに東海道五十三次の隣の鞠子宿は静岡市駿河区丸子なのでした。


chara02.gif



続きを読む
タグ:エルフ
posted by 暮壱 at 03:06| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

イノーバ、ヴィスタクルーザー、など気ままに

・イノーバ::

5ドアミニバンでトヨタが海外で販売する車です。

新興国市場を狙う世界戦略車IMVシリーズのミニバンなんだとか。

1977年から続いたキジャンの後継モデルとされており、2004年から車種です。

トラックやオフロード車を乗用車用途としても用いているというニーズに応えた車のようです。






・ヴィスタクルーザー::

オールズモビル・ディビジョンでGMが製造していたステーションワゴンです。

2列目の座席の上にある窓が特徴の車でした。

1964年から1977年まで製造されていましたが、この時代からAT車もあったそうです。

オートマって意外と古いんですね。

2回のフルモデルチェンジがあったようです。






・静清バイパス::

静岡市清水区興津東町から同市駿河区丸子までを結びます。

静岡市街を迂回するためのバイパスです。

大部分は高架ないしは立体交差で、自動車専用道路の部分もあり、その区間は原付は走行できないです。

ところで名前の読み方は「せいせい」ではなく「せいしん」です。


chara02.gif



続きを読む
タグ:イノーバ
posted by 暮壱 at 03:05| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

エルティガ、ウィザード、など気ままに

・エルティガ::

ニューデリーオートエクスポに2010年に発表され、2012年から海外で販売されているスズキの5ドアミニバンです。

発表時の名前は「「コンセプトR3」で、観音開きドア採用の6人乗りだったそうです。

でも、エルティガではヒンジドアの3列シートの7人乗りと変更されたのでした。






・ウィザード::

英語で魔法使いを意味する言葉が由来です。

いすゞ自動車がかつて販売していたSUVで、ピックアップトラックの雰囲気が特徴です。

当初はビッグホーンというSUVが存在していたため日本では販売の予定はなかったそうでした。

ところがクロスカントリー車市場の急成長等もあり、日本でも販売されたのでした。





・富士由比バイパス::

静岡県富士市の市街地を迂回するために作られたバイパスです。

国道1号線ですが、旧道の国道指定が解除されたのが1993年のことです。

部分開通の際には「由比バイパス」や「蒲原バイパス」などという名称も使われていました。

富士市内は概ね平面交差が多い道路です。



chara02.gif



続きを読む
タグ:エルティガ
posted by 暮壱 at 03:13| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

イセッタ、ヴィザ、など気ままに

・イセッタ::

フロント部分にドアがあり、ドアを開けてハンドルなどを避けて車に乗るミニカーです。

室内にはベンチシートがあり、大人二人と小さな子供一人くらいなら乗れるスペースがあります。

イタリアの自動車メーカーであるイソ社が1953年から1955年にかけて生産した車です。






・ヴィザ::

5ドアハッチバックタイプの小型の大衆車です。

フランスの自動車メーカーであるシトロエンが1978年から1988年までの間生産していました。

フォルクスワーゲンのゴルフっぽく見えるスタイルです。

ちなみにこの車には空冷モデルもあったそうです。

シトロエン・AX が後継車種です。





・沼津バイパス::

沼津市の市街地を北側に迂回する国道1号線のバイパス。

1982年にバイパスから本線に昇格したそうです。

自動車専用道路ではなく、原付も走行します。

立体交差がすくなく、ほとんど信号のある平面交差です。

4車線ですが6車線のところもあり、けっこうスピードの出る道路なのでした。


chara02.gif



続きを読む
タグ:イセッタ
posted by 暮壱 at 03:18| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする