2018年02月13日

ウアイラ、グランタ、など気ままに

・ウアイラ::

なかなか車道でめにかかることは難しいでしょうね。

イタリアのパガーニ・アウトモビリのスーパーカーです。

日本でも輸入車販売店のビンゴスポーツが正規ディーラーとなって輸入しているそうです。

アメリカではエアバッグの基準とからんで販売が許可されないという問題も話題になりました。






・グランタ::

低価格の小型車としてロシアで販売されている乗用車です。

4ドアセダンで、ロシアの自動車メーカー・アフトヴァースがラーダブランドで製造・販売しています。

販売の開始は2011年のことでした。

グランタはロシアでは人気の乗用車です。

2012年にはグランタスポーツも登場しました。





・相生有年道路::

「あいおいうねどうろ」と読む国道2号のバイパスです。

兵庫県相生市と赤穂市東有年を結びます。

「相生」は「おお」と呼ばれ「o」で表記されるとして、世界最短の地名の一つとして、過去にギネスブックにも載ったことがあるそうです。

赤穂市は忠臣蔵で知られるところです。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:ウアイラ
posted by 暮壱 at 06:52| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

オプティ、カビーネ、など気ままに

・オプティ::

ダイハツの軽自動車で、リーザの後継車として1992年に登場しました。

5ドアと3ドアのハッチバックです。

1998年のフルモデルチェンジで、大きく姿を変えます。

なんと4ドアハードトップセダンの軽自動車となりました。

2002年に販売終了となるまでこの姿でした。

かなり珍しいですね。






・カビーネ::

超小型の自動車の一種であるバブルカーのひとつです。

1956年から1958年に生産されました。

ハインケル航空機で設計されました。

車内への出入りには車体前面ドアが使われたそうです。

小ささといい、車内への出入りといい、いろんなところが気になる車です。

エンジンは空冷エンジンでした。





・太子竜野バイパス::

兵庫県揖保郡太子町からたつの市までの国道2号のバイパスです。

4車線で2000年12月から無料開放されました。

ところで太子町といえばその中の宮本が宮本武蔵出生地かもしれないそうです。

太子町となったのは1951年のことで、当時の斑鳩町と石海村・太田村が合併してできたんだとか。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:オプティ
posted by 暮壱 at 02:07| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

ウーノ、クラフト、など気ままに

・ウーノ::

フィアットのハッチバックタイプの小型乗用車です。

ラリー競技にも参戦し、ポルトガル・ラリーは完走しています。

ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーも1984年に受賞しています。

2代目はヨーロッパでは販売されずに、ラテンアメリカ専売となりました。

ヨーロッパでの後継車種はフィアット・プントです。






・クラフト::

小型トラックで東洋工業の車です。

東洋工業はのちのマツダのことです。

1955年に発売がスタートし、1977年に生産が終了しました。

Dシリーズの後継車として登場し、その後タイタンに統合される形で姿を消したのでした。

クラフトをベースとしたマイクロバスも存在したそうです。






・姫路バイパス::

兵庫県高砂市から揖保郡太子町までの国道2号線のバイパスです。

このバイパスは1966年に事業化され、1975年には2車線で開通しています。

全線4車線で共用されたのは、1985年からのことです。

1995年には阪神・淡路大震災で被害を受けました。

2000年から無料開放されたようです。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:ウーノ
posted by 暮壱 at 06:53| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

オデッセイ、カピテーン、など気ままに

・オデッセイ::

名前の由来はギリシャ神話のオデュッセイアなんだそうです。

ミニバンブームの火付け役となったことであまりにも有名なホンダの5ドアミニバンです。

登場は1994年のことでした。

1999年、2003年、2008年のフルモデルチェンジまではヒンジドアでした。

2013年の5代目にしてスライドドアとなりました。






・カピテーン::

日本ではオペル・カピタンと呼ばれた往年の乗用車です。

1938年から1970年まで生産されたアダム・オペルAGの大型乗用車です。

日本には東邦モーターズが、1950−60年代に輸入していたそうです。

4ドアセダンで、戦前の初代には2ドアカブリオレもあったみたいです。

かなりレアそうですね。





・加古川バイパス::

兵庫県明石市魚住町清水から高砂市阿弥陀町魚橋までの国道2号のパイパスです。

別名に播磨国道という呼ばれ方もあります。

名前の通り加古川河口の東岸に広がる加古川市を走るバイパスです。

高速道路ではありますが、全線にわたってアップダウンが多く、渋滞も起こるようです。



chara02.gif



続きを読む
ラベル:オデッセイ
posted by 暮壱 at 04:05| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

オパラ、クラシック、など気ままに

・オパラ::

1969年から1992年まで生産されたシボレーブランドの乗用車です。

その特徴は長寿モデルという事。

23年間フルモデルチェンジは行われなかったそうです。

とはいえ、マイナーチェンジは何度かあったみたいですが。

ゼネラルモーターズのブラジル現地法人が生産しました。





・クラシック::

ファストバック型4ドアセダンとあまり聞きなれないタイプの乗用車です。

トヨタが1996年に市販車生産60周年記念車として限定生産しました。

手作業の多い限定生産のため800万円という非常に高価で販売されたそうです。

レトロな感じのボディーがすごくインパクトがあるのでした。





・神戸西バイパス::

兵庫県を走る国道2号のバイパスで、第二神明道路と並行したかたちで計画されました。

神戸市西部の迂回路確保や渋滞緩和などが目的です。

もともと神戸市西部については海際まで急峻な山がある地形のため、東西の交通が弱かったそうです。

道路ができてどんどん便利になるのでした。



chara02.gif



続きを読む
ラベル:オパラ
posted by 暮壱 at 03:09| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

オッティ、カテラ、など気ままに

・オッティ::

日産の軽自動車としてはモコの次の2番手です。

車自体は、三菱自動車のeKワゴン及びeKスポーツのOEM供給です。

2005年に初代販売開始から、はやくも2006年にはフルモデルチェンジです。

そして2代目は2013年まで販売が続きました。

ちなみにこの車の後継車はデイズです。





・カテラ::

アメリカの自動車メーカーとして知られるゼネラルモーターズ(GM)のキャデラック部門の車です。

1997年から2002年モデルまで販売されました。

最小型のエントリーレベルのキャデラックとして販売されたんだそうです。

シマロンの後継車であり、この車の次はCTSになるのでした。





・第二神明道路::

兵庫県神戸市須磨区月見山町から明石市魚住町清水までの国道2号のバイパスです。

4車線の有料道路として知られますが、料金所がなく無料で利用できる区間もあります。

この道路の全線開通は1970年のことでした。

ちなみに神明道路は、兵庫県道21号神戸明石線を指します。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:オッティ
posted by 暮壱 at 03:05| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

インペリアル、クラウンビクトリア、など気ままに

・インペリアル::

キャデラック、リンカーンなどと並べられるかつての名車です。

クライスラーでは1926年の発売以降、最上級車種として位置づけられてきました。

1993年に姿を消すまでの長い歴史のある車です。

旧車好き、クラシックカー好きにも支持されます。

往年のアメリカを感じさせる車なのでした。






・クラウンビクトリア::

フォードのフルサイズセダンということです。

クラウンという名前にトヨタをイメージしそうですが、古いのはこっちみたいです。

1955年に登場していたそうですから。

1980年に名前が復活しました。

その後、フォード・LTDから完全に独立し1992年に初代が登場したのでした。






・浜手バイパス::

兵庫県神戸市中央区を走る国道2号のバイパスです。

渋滞緩和だけじゃなく、ポートアイランドとの連絡のための道路なんだとか。

無料だけど自動車専用道路です。

1986年に開通し、1995年1月の阪神・淡路大震災も経験しています。

区間内で神戸大橋とも交差するのでした。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:インペリアル
posted by 暮壱 at 03:04| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

インプレッサ、クラウンマジェスタ、など気ままに

・インプレッサ::

インプレッサは初代から一貫してモータースポーツと切り離せない関係にあります。

特に、世界ラリー選手権(WRC)では名をはせた過去を持ちます。

走りに定評のあるスバルの車です。

セダン、ハッチバック、ワゴン、クーペなど様々なインプレッサがあります。

ちなみにグラベルEXはフォレスターの先代に位置づけられるみたいです。





・クラウンマジェスタ::

TOYOTAブランドの高級4ドアセダンです。

登場は9代目クラウンと同じ1991年のことでした。

単に「マジェスタ」と呼ばれることが多いです。

2004年の4代目には「クラウンエンブレム」から「トヨタエンブレム」への変更がありました。

2013年の6代目はクラウンエンブレムに戻りました。






・国道2号::

大阪府大阪市北区から福岡県北九州市門司区までの一般国道です。

旧山陽道をほぼ踏襲するようなルートの道路です。

違うところは大阪市を通るところなど、重要な土地を通るように変更したところです。

大阪では国道1号と接続し、福岡では国道3号と接続します。

関門トンネルによって本州と九州がつながります。


chara02.gif



続きを読む
ラベル:インプレッサ
posted by 暮壱 at 03:04| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

インフィニティ・Q45、カデット、など気ままに

・インフィニティ・Q45::

4ドアの大型高級セダンであり、日産自動車の「インフィニティ」ブランドの車種です。

当時「ジャパン・オリジナル」のキャッチフレーズが用いられ、漆塗りのインパネや七宝焼きのエンブレムなどがありました。

1989年からの立ち上げでしたが、1997年に姿を消しました。





・カデット::

1960年代から1980年代にかけてドイツの代表的な大衆車でした。

オペルが生産していた小型乗用車です。

初代の生産は第二次世界大戦前でしたが、2代目は戦後の1962年からと空白の期間が22年もあるのでした。

ちなみに車名は「士官候補生」を意味するドイツ語が由来だそうです。





・曽根崎通::

大阪市北部を東西に走る道路です。

梅田新道交差点で東の国道1号と、西の国道2号に分かれます。

地下にはJR東西線が並行して走っています。

沿道近くには造幣局や、大阪天満宮などがあります。

大川より東の都島区の沿道近くには太閤園や藤田美術館などがあります。


chara02.gif



続きを読む
posted by 暮壱 at 03:04| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

オーロラ、クラウンセダン、など気ままに

・オーロラ::

GMのブランドのひとつ、オールズモビルのフルサイズのセダンです。

オールズモビル・ブランドは2004年に消滅し、それとともに、この車も姿を消しました。

ちなみに、オールズモビルはもともとGMの1ブランドというわけではなく、自動車メーカーだったのですが、1908年にGMに買収されたのでした。






・クラウンセダン::

姉妹車にクラウンやクラウンコンフォートがあります。

セダン型の乗用車で主にビジネスユース向けです。

公用車・社用車をはじめ、ハイヤー、個人・法人タクシー、教習車などとして活躍しているようです。

パトカー仕様などもあるみたいです。

一般のユーザーも購入はできるようです。






・寝屋川バイパス::

大阪府枚方市北中振から守口市大日町までの国道1号のバイパスで、寝屋川市を経由していきます。

1970年から部分的に供用がスタートし、1972年に全線が開通しました。

渋滞が発生するなど交通量の多い道路です。

寝屋川市は人口密度が高いことでも知られており、交通量の多さにも関係しているんでしょうね。


chara02.gif




続きを読む
ラベル:オーロラ
posted by 暮壱 at 03:04| 車とドライブの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする